雑記

新型コロナウイルスを予防!アンジェスのDNAワクチンとは?

新型コロナウイルスは、終息するのかな?

治療薬はないって言うし、全世界で感染者が増えてる。

インフルエンザみたいにワクチンはないのかな?

 

本日はこのような疑問に対しての答えになればと思い

記事を作成しました。

スポンサーリンク

 

コロナウイルスを予防するワクチンの研究が始まっている。

新型コロナウイルスが猛威をふるっています。

各都道府県で感染者の報告が相次ぐ中、

私たちの身の回りに

すでに感染者はいるのではないかという不安があると思います。

 

新型コロナウイルスから身を守ろうと考えたとき、1つの疑問がでてきます。

 

新型コロナウイルスに有効な治療法がないことは知っているけど、

コロナウイルスを予防するワクチンがないのか。

 

これに関しては先日ニュースにもなった、

DNAワクチンっていうのが開発されるんだ。

 

治療薬を作るには莫大な時間と費用がかかります。

 

一方でワクチンなら治療薬よりも早く実用化できるとのことで、すでに研究が始まっています。

 

スポンサーリンク

治療薬とワクチンの違い

 

そもそも、ワクチンってなんだろ?

インフルエンザワクチンを毎年うってるけど

あれ、何?薬?

 

僕は看護師なので簡単に説明するね。

薬:悪いところを治す。

ワクチン:あらかじめウイルスに体を慣れさせる。

って感じ。

 

わかりましたか?

 

インフルエンザワクチンを例にすると、

流行りそうなインフルエンザウイルスの型を調べて

そのウイルスを弱らせた状態のものを注射してるんです

 

じゃあ、1回インフルエンザに

かかってるのと同じじゃん!

 

そう。それで体に免疫をつけてるんだ。

次きたら、ぶっ殺すぞ~!ってね。

 

つまり、ワクチンは免疫を作るためのもの。

うったからといってインフルエンザにならないとは限りません。

 

ただ、体が予行練習をした状態なので、

次に侵入したときは勝つ確率が上がりますね。

 

薬とワクチンは別物なので

いっしょにならないように気をつけましょう。

 

新型コロナウイルスにはDNAワクチンしかない?

インフルエンザワクチンを作成するとき、

毎年流行の型を予想して冬場に間に合うように商品化しています。

 

ということは、半年~1年かかるのが普通です。

数年前には工場での生産が追い付かない時もありました。

 

ワクチンもつくるのに時間がかかるんだな。

じゃあ、やはり新型コロナから身を守れないのかな。

それに、治療薬がないコロナウイルスを

いくらワクチンでも打ちたくないよ~。

 

 

ここで今日の本題です。

最先端の研究でDNAワクチンという、

全く別の作り方をするワクチンも出てきています。

 

DNAワクチンとは、危険な病原体を一切使用せず、安全かつ短期間で製造できる特徴があると言われています。対象とする病原体のたんぱく質をコードする環状DNA(プラスミドDNA)を接種することで、病原体たんぱく質を体内で生産し、病原体に対する免疫を付与します。弱毒化ワクチンなどとは異なり、病原性を全く持たないため、安全であると言われています。

引用元:タカラバイオ株式会社 広報・IR部

 

 

つまり、安全でしかも大量生産できるってことね。

 

 

厚生労働省がDNAワクチンを後押しするか。

既に試験用DNAワクチンを製造し、

近く動物を使った安全性などの検証に入るとのこと。

 

開発をしているバイオベンチャーのアンジェス社は、

「新型コロナウイルス感染が早期に終息すれば実用化が間に合わず、開発投資が無駄になる可能性を懸念している。」

とのこと。

 

あくまで予防ワクチン。

終息してしまったら全部パーだからね。

 

厚生労働省が開発費を援助したり、

感染の急拡大も想定してワクチンの

承認手続きのカンタンにしてくれれば実用化も見えてきます。

 

まとめ。ワクチンが実用化されるまでは自分で守る

 

ウイルスから身を守るには、

①ウイルスを体に入れない。

②ウイルスに強い体にする。

③ウイルスに感染しても、薬で治す。

この3つが基本になります。

 

 

しかし、現時点(2020年3月10日)では

①ウイルスを体に入れない。→〇

②ウイルスに強い体にする。→△

③ウイルスに感染しても、薬で治す。→✖

となります。

 

 

ワクチンができればウイルスに対する耐性がつきます。

 

 

しかし、

それまではウイルスを体に入れないことを意識しましょう。

 

その方法は簡単。

うがい、

てあらい、

マスク

この3つで自分の身を守りましょう。

 

コスパ

2020/6/4

ひどい手荒れも治せる。知らないと損する魔法の市販薬を紹介!

手荒れが酷くて、ピリピリする。手首や首回りなども乾燥してひび割れてるような感じ。皮膚科に行こうかとも思うけど、これぐらいじゃねー、って感じ。なにかいい市販薬ないかな? 皮膚科のある病院で働いています。看護師歴は10年以上です。   このような症状のある方によく処方されるのはヘパリン類似物質と言われる成分が入ったヒルドイド。   ヒルドイドは皮膚科医にも「高額な化粧品を使わなくてもこれだけあれば十分!」と言わせる。超スグレモノなんです。   なので、美容目的で処方をしてもらうた ...

ReadMore

コスパ

2020/5/26

ヒルドイドローションの代わりは?値段だけで比較!【9商品】

皮膚科でヒルドイドローションをもらって、顔につけたら最高だった!また欲しいけど、病院にいくのめんどくさい。 このような悩みがありますか? 実はヒルドイドの成分であるヘパリン類似物質は同等のものが市販で買えます。   ヒルドイドはその効果がヤバすぎて美容目的での処方を求める女性が多く、現在は処方してもらうにもかなり規制がかかる商品なのです。  

ReadMore

バンブー日記

2020/5/26

アンジェスの新型コロナワクチン、7月から治験開始!

この度2020年5月25日に2つのビッグニュースがありました。 1つは、アンジェス よりリリースの抗体価上昇について。 もう一つは日経新聞からの7月治験開始の報道です。   アンジェスといえば創業以来なかなか実績のなかったバイオベンチャーで、昨年より遺伝子治療薬コラテジェンが成功し、徐々に株価が上昇していった企業。 増資に次ぐ増資でなかなか株主からの信頼が得られなかったのでアンジェスの業種は「株券発行業」などと言われていました。 そんな中での今回のビッグニュース。 今回は2つのニュースを深堀りい ...

ReadMore

バンブー日記

2020/5/24

別れるジンクスがあるデートスポットに行くと何故別れるのか?

〇〇っていうデートスポットに行くと、付き合ってたカップルは別れちゃうって話が結構あるけど、あれってなんでだろう?   デートに行くと別れちゃうジンクスがある場所ってありますよね?僕が高校生の頃は「あるアウトレットモールの観覧車に乗ってはいけない。」なんて噂が飛び交ってました。   そして、その噂の場所に好奇心で行ってみたくなる…。   「僕たちなら大丈夫だよ」   そして、本当に破局してしまいます。   なんでそんなジンクスが本当に起きてしまうのか。 4つ ...

ReadMore

バンブー日記

2020/5/24

愛妻弁当捨てるなら昼食抜きで仕事しろ!【僕は弁当やめました】

愛妻弁当を捨てるというけしからん奴がおるらしい。 そんなん、絶対許されん! そういう君はお昼は外食?弁当? 僕はミックスナッツだよ。   1日に3回も食事をするのは外で汗水流して働いている人たちだけで十分だと思います。   屋内で働いている現代人の食事は1日2食で十分! それじゃあ、お腹がすくでしょ?倒れちゃうよ。   大丈夫。1日に2食しっかり食べたら倒れません。 3食+晩酌しているような現代人の方が将来的に本当に倒れて起き上がれなくなります。     ...

ReadMore

よんでほしい記事

1

Amazonプライム会員ってどんなメリットがあるのだろう? 会費が値上げされたって聞くけど、損はしないかな? &nbsp ...

2

看護師って男性からも人気の仕事のはずなのになぜかモテないのよね。 どんどん婚期が遅れてるけど、理由は私自身にあるの? 看 ...

3

この記事は2020年6月5日に更新しました 定額の音楽配信サービスって、もう少し安くならないかな。 複数のタブレットや使 ...

-雑記
-

© 2020 COSPAPA! Powered by AFFINGER5