THINKING

【開幕2連敗】魅力のなくなった鳥栖を復活させるにはイバルボとトーレスの2トップ。

更新日:

開幕戦(VS名古屋)の0-4での大敗に続き、今節AWAY神戸戦も終始良いところなく0-1で敗戦。開幕2連敗で最悪のスタートとなっている。

堅守速攻からの脱却を目指す鳥栖だが、DFラインの大幅な選手の変更や、システムの変更でまだまだ時間がかかるのは否めない。

鳥栖は降格候補になってしまうのか!?

脱却できる方法について考えてみました。

フォーメーションどうすんの?

カレーラス自身、迷ってるところもあると思います。まずはバックラインを4バックにするのか、3バックにするのか。

3バックにすると現時点では高橋祐治は当確として、不安定な印象。

サイドバックの候補なら安西や三丸、パンゾーこと小林祐三や、藤田優人、今期より加入の原輝綺もいる。

どうしても3バックにするとWBにあたるサイドの選手(現時点で原輝綺)が低い位置でポジショニングすることになることが多い。

もちろん、カレーラス監督としては5バックにならないように3バックの成熟性を高めたいのはわかるのだが、状況に応じてサイドの選手が落ちてきて4バックにするなどの連携性を高めるくらいなら、最初から4バックにしておく方が無難だと僕は思う。

メモ

3バックなら固定のセンターバック2人はほしい。高橋祐治の相方がガロヴィッチというコミュニケーションがとりづらい外国人である時点で二人の連携力が試される。

 

攻撃面でも不安

開幕2試合で5失点というのもそうですが、無得点というのが僕的にはかなりガッカリです。

というか、得点力不足を解消するためのチーム作りだったはずなのに、開幕してみれば昨季ほどのワクワク感もない。(昨季もあまりなかったが)

負けてもいいんです。勝負事なんで、なにか次につながるものがあれば次の試合も応援したくなります。

正直今年のサガン鳥栖は次節も見たくなるサッカーはまだできていないですね。

 

GKは大久保?

僕的には高丘陽平も見てみたいです。GKのせいではないですが、5失点という状況を一番底から考え直してみるのもよいかと思います。というのは、大久保のパスミスなどの基本的なところに難が見られるのがチラホラ見受けれたからです。

GKはサッカーを一番わかっていないといけないポジション。一番後ろから舵取りできる選手であり、経験値がかなり必要なポジションです。意外に戦術の理解度とか、DFラインとの相性などで組織力がガラッと変わるので、絶対的守護神がいない今、GKの変更も十分考えていいところにはだと思います。

 

理想のフォーメーション

僕が思う現段階での理想フォーメーションです。

クエンカをまだ実戦で見たことがないのでサイドバックにしています。サイドバックは選手が豊富なので実際にはクエンカと小野がポジション争いになるのかな?と思います。

今年の鳥栖は得点パターンが不明です。昨季のフォーメーションに戻して戦術を詰めていくことが重要だと思います。

 

今年の勝利の鍵

一番見てみたいのはイバルボとトーレスのコンビです。

イバルボはポストプレーが得意で運ぶドリブルと言われるコンドゥクシオンで中央からサイドに流れるようなプレーが持ち味です。昨年まではそこからラストパスを出せるプレーヤーがいなかったこともあり、イバルボ一人じゃあ・・・。という感じがありました。

一方、トーレスはクイックネスが持ち味。トラップからの素早いシュートや、飛び出しなどは一級品です。なので、トーレスにボールが渡る前に、タメが作れる選手がいないといけません。

その選手がイバルボ、または小野だと思います。

タメが作れる選手がいると、いつトーレスにラストパスがくるか注意してディフェンスしなければならず、相手は、マーク(トーレス)とボールに集中しないといけません

イバルボのように中央からサイドに流れながらキープすることで中央のDFを剥がすことにもつながり、トーレスの抜け出すスペースも作れます。そこにトーレスが走りこむことで中央にスペースがあくので、そこのスペースを狙うことができます。

 

調整や新戦力を試せるルヴァンカップ

ルヴァンカップでは仙台、柏、FC東京と対戦する。カップ戦での勝利よりは、リーグで残留を目指すための一年になるということが開幕二連敗によって明確になったのはある意味で収穫かもしれない。

まだまだリーグで使えていない選手も多いので、ルヴァンカップでは負けを恐れず積極的に新戦力の実戦起用を試していただきたい。

 

-THINKING
-

Copyright© ぎんたろぐ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.