電気自動車

【日産リーフ】バッテリー保証は新品交換じゃありません。5分でサクッと説明します。

日産リーフのバッテリー保証。保証内容は新品交換じゃない!?

こんにちは!バンブです。

 

日産リーフにはバッテリーの保証があります。僕も去年購入した際に説明を受けました。

しかし、日産のHPには「部品交換や修理」としか書いてありません。新品交換とはどこにも書いてないんです。

 

保証っていう文字だけで新品交換と思い込んでたよ。

 

ではどのような保証内容になっているのでしょう。

 

 

スポンサーリンク

日産のHPでバッテリー保証内容を確認

 

日産のHPで内容を確認すると・・・。

リチウムイオンバッテリー容量保証

30kWh駆動用バッテリーは、新たにバッテリー容量の低下を抑制する技術を開発し、耐久性も改善。 バッテリーの寿命性能も向上したため、バッテリー容量を「8年160,000km」保証しています。

引用元:http://history.nissan.co.jp/LEAF/ZE0/1211/maintenance.html

と、あります。

僕も「電池も新型のリーフは優れているので、8年、16万キロ保証をつけています。自信がある証拠です。」

と、

ディーラーに言われたのを覚えています。

 

たしかに、最近のスマホは画面が大きいのに充電がもつようになったもんなー。電池も進化してんだな。

 

っと、思い込んだのでしょう。

 

先ほどのHPの文章には続きがあります。

本保証は「30kWh駆動用バッテリー搭載車」の場合。正常な使用条件下において新車登録から8年間または走行距離160,000kmまでのどちらか早い方において、ツインデジタルメーターのリチウムイオンバッテリー容量計が9セグメントを割り込んだ(=8セグメントになった)場合に、修理や部品交換を行い9セグメント以上へ復帰することを保証しています。「24kWh駆動用バッテリー搭載車」の場合は、5年間または走行距離100,000kmまでのどちらか早い方の保証となります。

引用元:http://history.nissan.co.jp/LEAF/ZE0/1211/maintenance.html

 

どうでしょう?

ちょっと、よくわからないですよね?

 

ツインデジタルメーターとか、セグメントとか、専門用語を並べて混乱を誘っているようにも感じます。

 

要するに、直してくれる。ってことよね?じゃ、まぁいいか。

 

っと消費者的には思っちゃいます。

 

新型リーフのリチウム電池残量画面はこれ

 

セグメントとは、かたまりとか、部分という意味で電池の残量を区切るためにこの用語を使っているようです。

簡単に言えば、「単位」ですね。

 

新型リーフでいうリチウム電池の残量はこの画面で見るようです。

ちなみに、僕のリーフの電池残量です。(1年間、約8000km走行)

目盛りがMAXなので、1個も減っていない状態ですね。

 

で、勘違いしやすいのが、

目盛りをぱっと見ただけでは、10個くらい目盛りがありそうにも見えませんか?

実際に目盛りを数えてみればわかりますが、僕のリーフの画面の目盛りは12個あります。

 

つまり、12目盛り(12セグメント)あるということになります。

 

 

8セグメントは何%くらいか?

 

では、保証内の「8セグメントになった場合」というのは、電池残量的にはどのくらいを指すのでしょうか。

 

調べてみたのですが、セグメントの具体的な説明をがなかったので、単純に目盛りを12等分してみると、

1セグメント=8.3%の計算になります。

じゃあ、1セグメント消耗ということは約8.3%のバッテリー容量がなくなっているということになりますね。

 

1個づつ減らせば8セグメントの時の電池容量が見えてきます。

 

整理した図がこちらです。

12セグメント 電池容量:約92~100%
11セグメント 電池容量:約84~92%
10セグメント 電池容量:約76~84%
9セグメント 電池容量:約65~76%
8セグメント 電池容量:約57~65%

 

8セグメントは電池容量的には60%前後あたりだということがわかると思います。

これは日産からの正式なソースを見つけていないので、あくまで推測です。

 

60%だとどのくらい走る?

僕が新車で購入した当時、エアコンを使わない状態で航続可能距離300km超えるか超えないかくらいでした。

フル充電時で航続可能距離180km前後が保証のラインになってくることが予想されます。

 

ちなみに僕は1年間で約8000kmほど走行しました。

8年間では64,000kmしか走行しない計算になるので、16万キロの保証には程遠いです。

 

ちなみに、バッテリー消耗を試算した結果、僕の場合は8セグメントに行くまでには10年ほどかかる予想をしています。

 

ヘビーユーザーじゃないと保証は効かなそうだね。

 

コチラの記事でバッテリー消耗の早さについても書いています。

【バッテリー消耗】新型リーフの航続可能距離はどのくらい落ちる?1年間でどれくらい落ちたか報告します!

日産リーフの航続可能距離はどのくらい落ちる? 日産リーフのバッテリーがどのくらい劣化していくかを知りたいですか? 僕の新 ...

続きを見る

 

もし保証が有効だとしても。

 

8年か16万kmを走行する、どちらか早い方という条件に該当する必要があります。日産側の試算として、1年2万kmの走行で9セグメントあたりで収まるのでしょう。それ以上走行するオーナーは、保証を受けれますよ。って感じですかね。

なので、多分僕は保証を受けれないと思います。

もし保証を受けれたとしても、8セグメントになったものを9セグメント以上に復帰させます。

電池容量を約10%程上昇させます。という内容です。

 

ヘビーユーザーであれば、2~3年分、もしかしたら1年分くらいの電池容量の復帰しか見込めないかもしれません

 

まとめ

リーフユーザーにとっては、フル充電で航続可能距離180km前後になったころにどういう使い方をしていくのかを十分に考えておく必要があると思います。日産の保証内容は新品交換じゃないので、エコな運転を心がけて、なるべく電池を長持ちさせれるようにしましょう。

リーフの燃費。気になりませんか?僕の新型リーフの実燃費教えます。(実体験)

僕の日産リーフ(電気自動車)は1キロ進むのに約1.5円かかります。 上の画像は、アプリで走行距離などが見れますのでそのス ...

続きを見る

リーフの充電スタンドを家に作れば楽ちんです。まだガソリンで消耗するの?

  電気自動車の充電スタンドは家に作れば楽ちんです。 ガソリン車ではガソリンがなくなればガソリンスタンドに行っ ...

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

よんでほしい記事

1

リーフは電気で走る電気自動車で、そのバッテリーを家の電気として使うこともできるよ!ってな感じでCMで2019年から話題に ...

-電気自動車
-

Copyright© COSPAPA! , 2020 All Rights Reserved.