雑記

銀河鉄道の夜。といえばGOING STEADYでしょ!いちごの唄も歌ってる人だよ

2019年7月3日

こんにちは!バンブです。

銀河鉄道の夜。と聞いて思いつくのはなんでしょうか?

やはり、宮沢賢治でしょうか?

 

いや、僕らアラサー世代で一番最初に思いつくのはGOING STADYの「銀河鉄道の夜」だと思います。

 

 

 

ミネタカズノブという男

皆さん、GOING STEADYを知っていますか?GOING STEADYは1999年~2003年まで活動したパンクロックバンドです。

今では俳優として活動していますが、GOING STEADYのボーカルはミネタカズノブ。

峯田和伸が「ダウンタウンなう」にゲスト出演

引用元:https://thetv.jp/news/detail/140702/789504/

この人がもう、僕らアラサー世代ではカリスマでして。

2000年前後では青春パンクというジャンルでインディーズバンドの先駆者でした。

 

銀河鉄道の夜。という歌

当時から思っていましたが、歌詞が、めちゃくちゃ。または秀逸。

どちらで表現していいかわからないくらい、絶妙なワードセンスです。

たとえば、「赤レンガ煙突の上、ガイコツが踊ってる。」

とか、「シベリア鉄道乗り換え、東北を目指します。」

何が言いたいか、わかりそうでわからないような、イメージできなそうでできそうな、そんな絶妙なラインをついてきます。

 

銀河鉄道ってなに?

 

そもそも銀河鉄道とは宇宙空間を走る鉄道。つまり架空の鉄道と言う意味です。

銀河鉄道の夜というだけで、架空の鉄道の中に乗って、長旅をしている(夜に移動している)という構図が思い浮かび、孤独な世界観が出てきます。

宮沢賢治もそうですが、ミネタカズノブもこの世界観を引用しています。

 

GOINGSTEADYの主な楽曲

 

 

僕が好きな曲BEST3を載せます。YouTubeリンクのせてますが、何しろ約20年前なので画質、音質はご容赦ください。

 

 

第3位もしも君が泣くならば

たしか、この曲の題名は2つあって、MY SOULFUL HEART BEAT MAKES ME SING MY SOUL MUSICをリメイクしたのが「もしも君が泣くならば」です。

実はこの2つ題名が違うだけと思われがちですが、ちょっとだけ曲が違います。

あと、タイトルの意気込みだけでみると、MY SOULFUL HEART BEAT MAKES ME SING MY SOUL MUSICの方が、ミネタのオトコっぽい感じが垣間見えて好きでした。

 

 

 

第2位 BABY BABY

これも、言わずと知れた名曲。

この時代はモンゴル800とか、ゴイステ(GOING STEADY)とかインディーズでも売れるもんは売れてました。

BABY BABYもゴイステならではのストレートな楽曲でファンが多かったですね。

 

第1位 銀河鉄道の夜

もう、タイトルでも出してるし、やはりこれでしょう。

僕はこの曲を聴きながら高校の通学をしていましたので、青春を一緒に過ごした名曲として不動のNo1です。

 

うん、懐かしい。

当時はMDだったなあー。SPモードとか、LPモードとかありましたよね。

 

まとめ

 

いかがだってしょうか?

今日は僕の青春時代のスターについて語りました。

最近では古館祐太郎&峯田和伸として、いちごの唄という楽曲を出しているようです。

最後にそちらもチェックしておきましょう!

 

<script async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js"></script>
<!-- ダイエット -->
<ins class="adsbygoogle"
style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-3010509521314958"
data-ad-slot="7282324889"
data-ad-format="auto"
data-full-width-responsive="true"></ins>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
</script>

  • この記事を書いた人

バンブー

30代前半男性。本業は看護師。 休みの日は、ユニクロとブログとtwitterで生きています。

-雑記
-

Copyright© COSPAPA! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.